交通事故証明は自動車安全運転センターで交付します

当方にも相手にも、幸い怪我がなく、また物損も自動車のヘコミくらいで済んだような、軽い事故の場合は、「まあいいですよ、後で請求して下さい」といったような話し合いで済ませて警察に届け出ない人がいますが、それは間違いです。
基本的に保険金を受け取るには、この交通事故証明書が必要になります。仮に、軽い事故でも相手側が修理代を払わないとか、後で後遺症が出てしまって、なんてことも考えられるので、後々のトラブルがあっても、保険金を受け取るためには交通事故証明書が必要になります。
この交通事故証明書は、都道府県にある自動車安全運転センターが発行してくれますが、警察から自動車安全運転センターに報告がない交通事故に関しては、証明書が発行されません。
だから、きちんと警察に報告をしないと交通事故証明書を受け取ることはできません。
だから軽微な事故でも堂々と警察を呼んで現場検証を依頼して下さい。そのために我々市民は税金を支払っているのですから。以前、私が巻き込まれたのは、洗車場で車を拭いていた時に、車をぶつけられたことがありました。
幸い私にも相手にも怪我がなく、車のバンパーのヘコミ程度でした。相手側は○○省の地方事務所に勤める公務員だったようで、なんとか警察に連絡させまいとして、示談にしましょうと言うのですが、断固として、携帯で警察を呼び、それから契約している保険会社に電話しました。
私の強硬な姿勢に相手も折れて相手も契約している保険会社に連絡しました。現場に来てくれた警察官が双方の運転免許証を確認して、間に入ってくれました。まあ、公務員の場合、自動車事故を起こした場合にはなに勤務先から処分があるのかもしれませんが、それでも保険会社から保険が下りて金銭的な問題は保険会社が対応してくれるのですから、事故を起こした相手側としても助かったと思います。
この場合、過失は相手側に100%あるそうですが、そういう場合には、被害者の私が契約している保険会社は特に示談の交渉には参加しないようです。
こちらに過失があるようならば、示談交渉を行ってくれるそうです。ただし、こういう「もらい事故」のような場合でも、示談交渉でもめることもあるので、こういう場合に備えて自動車保険に弁護士費用特約を付帯しておくという方法もあるそうです。
いずれにしても、任意保険に加入している場合は、できるだけ早く保険会社へ事故報告をしておくことをお勧めします。
第一報は、簡単でも構いません。連絡先は、携帯電話に登録しておくか、免許証入れに保険証券の証券番号などと一緒にメモしておいて入れておくといざという時に安心です。

エスティマを愛知で高く買取してもらうコツ

車を買い取ってくれるところは大きく分けると、
.

・ディーラー
・ディーラー以外(買取業者)
.

の2つに分けることができます。
.
.


両者の大きな違いはなんなのかというと、
買い取った車の取り扱い方です。
.
.

ディーラーの場合、新車購入の下取りにとなるのが一般的ですが、
下取り価格が出てくるのはあくまでも、
中古車として売れる車の場合です。
.
.
.


年式があまりにも古くなっていたり、
すでに走れなくなったような車だと、
ディーラーでは下取りしてもらえないどころか、
廃車費用を要求されることだってあります。
.
.


それに対して買取業者の場合には、
色んな販路を持っているんです。
.
.


・海外の中古車市場に回す
.

・部品として売る
.

・スクラップして売る
.

・特定車種を高く売れるルートを持っている
.


などなど、買取業者ごとに強みが違うため、
査定額がゼロになることはめったにありません。
.
.

いろんな業者に当たってみれば、
あなたの車を最も高く見積もってくれる
業者を必ず見つけることができるんです。
.
.
.

■おすすめの一括見積サイト


中古車の買い取り業者を自分の足で
いちいち回るのもかなりしんどいものがあるし、
価格交渉をするなんて、知識がなければ不可能です。
.

そこでおすすめなのが一括見積サイトを利用することです。
.
.
.


自分の家にいながらにして、
自分の住んでいる地域の買取業者へ一斉に、
見積もり依頼を出すことができます。
.
.


1.メーカー
.
2.車種
.
3.年式(多少ずれていてもOK)
.
4.走行距離(多少ずれていてもOK)
.
.

という4項目と連絡先を簡単に入れるだけなので、
スマホでも1分もあれば入力完了します。
.
.

本来であれば、車の価格は6年もすれば、
ほぼゼロになってしまうんです。
.
.

制度的に購入から6年で減価償却(価値の減少)を
終えるようになっているからです。
.
.
.


ところが、良い業者とめぐり合うことができれば、
10年以上・10万キロ以上乗り続けた場合でも、
100万円を超える価格がつくことも、
決して珍しくはないですよ。
↓↓↓

.
.
.
.
.
.
.
.


車を売る前に洗車は済ませたほうが良い?

車を売却するとなったら、
洗車をしたほうが良いのかというと、
よっぽどひどい汚れがついていないのであれば、
わざわざ洗車する必要はありません。


ちなみに、買取業者が気にする汚れは、

・座席シートやインテリアの汚れ
・車の下の汚れ

です。

座席シートになにかしらのしみがついていたら、
できるだけシミを消しておいたほうが良いです。

また、エアコンから異臭がするような場合も、
フィルターを自分で効果にしておくことで、
査定が下がる危険を減らすことができます。


中古車の査定は基本的に限定方式で、
その店がMAXで買取できる価格を決めたら、
後はどんどん引き算で値段を決めていきます。


車体の下の汚れもできるだけ落としておきたいものですが、
素人がやるにはかなり大変な部分にもなります。

わざわざここにコストをかけるくらいならば、
そのまま出したほうが割に合うことが多いですよ。


道路交通法を学ぶ場所と機会を

小学校の低学年の頃、学校の校庭に横断歩道などが描かれ、そこにお巡りさんがやってきて安全な自転車の乗り方についての教習をしてくれたものでした。
1年生から3年生くらいまでの間、何年かあった覚えがありますが、そのときに何を教えてもらったのか、まったく記憶にありません。
学校では右側を歩きなさいと言われましたので、歩くときは道路の右側を歩くものだと思っていました。
道路には路側帯と呼ばれる白い線が付いていますが、なぜかこれは左側に引かれていて、あの線はどういう意味なのだろうといつも不思議に思っていました。
自宅から徒歩1分のところにバス停があることや、自宅にガレージがないことなどもあって、18歳になって運転免許が取れるようになっても、自分には必要がないと取りに行きませんでした。
けれど、32歳のとき、妹からどうしても車が運転できるようになりたいから、一緒に自動車教習所に行ってほしいと言われ、自分にとっても財産になるからいいかと思い、行くことにしました。
さすがに若者たちは運動神経がいいのか、実技ですいすいと進んでいきますが、学科の方では寝ている子たちも多いので、仮免の試験をコンピューターで何度も受けては落ちている人も多くいました。
32歳で再び教室に入り、授業を受けるということを新鮮に感じた私にとって、そこで学ぶ道路交通法は目からウロコな想いをすることの連続でした。
まず、子供の頃から右側を歩きなさいと言われていたにも関わらず、日本では左側通行が原則であるということでした。
自転車は軽車両に分類され、自転車通行可の標識がなければ走ってはいけないことや、ベルをチリチリ鳴らして歩行者によけるように促すことなどが、すべて道路交通法違反になるということを初めて知りました。
歩道を走っていいのは13歳以下の子供と70歳以上のお年寄り、それに子供を乗せた母親だけだそうですが、それらにしても歩行者を邪魔者扱いする権利はありません。
ましてや自動車は交通弱者である歩行者のそばを通る時、時速20キロ以下で徐行運転しなければならないと定められていると教わりましたが、そんな経験はほとんどありませんでした。
自動車は運転免許を取るために道路交通法を学んでいるのですから、違反の重みとしては自転車よりもはるかに悪質です。
けれど、自転車も一つ間違えば大事故になります。それを学ぶ場が、子供の教育課程の間にないということと、免許を持たない人には知る機会が与えられないことに疑問を感じます。

ノーマル車と改造車

車と言えば、凝る人は本当に凝る物で、なんか色々と改造している人も多くいます。ウィングを取り付けたり、ライトを変えたり、また音響設備をかなり充実している車もあれば、車内にいくつものディスプレイを取り付けている車なんかもあって、その人のこだわりとか趣味が大きく反映されるものです。
しかし、それだけ凝る人がいる反面、車は移動手段として、別に何もこだわりを持っていない人もいます。
だから、何も飾りを付ける事もなければ、車の中では音楽を聴く事もないので、CDチェンジャーさえ付けていないような、そんな車の人もいるのです。
さて、方やキラキラにデコレーションされていたりして、見るからにお金もかかって改造している車、また方や全く何もいじる事もなく、とりあえず最低限のメンテナンスのみしている車、これだけ両極端の車ですが、車買取を利用する時はどのように違うのでしょうか。
それとも、実はノーマル車であっても改造車であっても、何も違いもなく売る事が出来るのでしょうか。
ノーマル車の場合は、実は、なんていう必要もなく、当たり前の事ですが何も問題なく売る事が出来ます。
場合によってはナビなどが付いている方が高額査定となる場合もありますが、別に何もオプションが付いていなかったとしても、何ら問題はありません。
事故歴があればそれは伝える必要はありますが、何かそれ以外の事で査定額がマイナスとなるなんていう事もなく、問題なく車を売る事が出来ます。
しかし、改造車の場合はちょっと注意する必要があるのをご存知でしょうか。改造の度合いによっては、車検を通すことが出来る物と、まったく通す事が出来ない物に分かれます。
これは、どれだけその車の事を大切に思っていて、そしてかなりお金を掛けて改造したかどうかなんていう事は関係ありません。
その車の状態によっては、車検を通す事が出来ない場合もあり、そのような車は残念ながら、大体の場合で買取すらしてもらえない場合があるのです。
その為、車検に通らない程の改造をしている場合は、その改造した部分を取り外してノーマル車に戻さないと買い取ってもらえません。
これは、改造の度合いによっては違法改造車となってしまうからです。従って、その場合はノーマル車に戻してから売る必要が出てきます。また、改造車はそれが好きな人にとってはその良さがわかる物ですが、それが趣味ではない人にとっては余り良さが分かりません。
その場合は違法改造と言える程の改造じゃなく買い取ってもらえる物の場合であっても、あまり高額査定を期待できない場合もあります。
その反面、ノーマル車の場合はどこに売っても大体の買取価格が期待できる場合がほとんどなので、車買取を利用することを考えたら、できるだけノーマル車にしておく、もしくは改造しても簡単にノーマル車に戻せるようにしておくのが重要です。